関わりあう人を減らすという意味での、デリヘルという選択肢

可能性としては低いですが、他の仕事と同じく、知人がそこで働いている可能性はあります。
受付で知り合いの男性にあったりして、それが性格の悪い相手だったりすると、同窓会で、実は尼崎の風俗の受付で働いているのだけれどもこいつに会っちゃって、などという方向に話を広げられることもあります。そういう男性は風俗で働いていることを言うことに抵抗がなくても、私は、元同級生の前でそんな話はされたくありません。男相手ならまだましですが、女性は、無条件に風俗を嫌っている人も多いです。憎んでいるというか、蔑んでいるというか、どうにもならないくらい嫌いな人も多いです。同窓会なんてあと人生の中で数回しかないものだし、行かなくても害のないものだとも言えますが、しかし少しさびしいものです。
ということで、尼崎の受付で知り合いの男性がそこにいるかもしれない、という可能性について考えることも、そんなに悪くない考えです。そういう意味でも、実店舗ではなくデリヘルやホテヘルなどを利用することで、風俗関係者との関わりを少なくすることが、リスクの軽減につながるとも考えられます。女性が知人の場合は、自分から話す、という可能性も低くなると考えられますので。